みんなで備えよう。
相続

相続問題。
一昔前ならば一部の資産家だけの話で、普通の一般庶民にはあまり関係のない話でした。
しかし、バブル崩壊後から昨今、普通の家でも相続争いが増えるようになってきたと言われています。
下降線を続ける景気によって就職しても給料が一向に上がらない現在の若者世代にとって、たまたまバブル期に親が蓄えた資産は、例え財産と呼べないような少額の財産であっても、のどから手が出るほど欲しいもの。
また、遺された配偶者にとっても老後の不安に備えるがために是が非にでも確保していきたい資金であったりします。
そういった相続者同士の財産トラブルが近年増加しているのです。
うちはお金持ちじゃないから~…、とタカをくくっているあなた。
今あなたが住んでいる土地と家、あなたの死後どうなりますか?先代から床の間にしまわれている骨董品。
意外な値打ち物で相続争いの種になるかも?一度、相続について真剣にご検討してみませんか?詳しい情報はホームページをご覧ください。