相続には遺言

さて、今PCをのぞいていらっしゃる皆さんはもうすでに遺言について検討はされていますか?そんなお金持ちってワケでもないし、ウチが遺言状なんて…、と考えた方はいけません。
遺言は相続のトラブルを回避する手段として最も有効なひとつなのです。
財産が無い、といっても全く財産が無い人はほとんどいません。
しかも、借金なども一応財産となりますのでこれも相続の対象になります。
家族に伝えていない借金があり、家族に伝えていなかったばかりに、遺された家族が借金を相続してしまった、というのはよくある話なのです。
欧米では、遺言を遺す文化が根付いており、通常50代を迎えるとほとんどの家族を持つ人は遺言を用意しておきます。
むしろ、遺言が無い人が珍しいくらいなのです。
さて、遺言のことが気になった方は是非このホームページで確認してみて下さい。